痩身ラップエステの一連の流れ

痩身ラップの起源は大体2世紀近く前までさかのぼるそうです。

日本のエステサロンに最初の導入されてからはまだ十年もたってはいませんから、新しいイメージが強いのですが、原型となったもの自体の歴史は古いとは意外なものです。

痩身ラップは体内に留まっている毒素を体内から出してくれるのでアンチエイジングにもなりますし、美容にも効果的です。体の中から綺麗になることで肌の状態も良くなります。

また、見た目に大きく影響を与えてしまう厄介なセルライトの除去も有効です。それでは、もしエステサロンで痩身ラップをしてもらう場合どのような手順を踏むのでしょうか。まずはカウンセリングを行います。

これは他のエステでも同様に行われるものですが、痩身ラップでもどの部分の痩身を行いたいかを伝えることでその部分のバンテージを強化してもらえますし、疑問に思ったことを質問することもできます。

施術前の体形を写真に記録しておきます。これで施術後の体形を比べることができるので痩身ラップの効果がより実感できるようになります。次に実際にバンテージを巻くことになりますが、このバンテージの温度は程よい暖かさに設定されています。

これは冷たくても体を冷やしてしまいますし、熱すぎてもせっかくのバンテージのハーブ液が汗で流れてしまうからです。

これをスタッフは15分以内に巻き付けていかなくてはならないのです。あとはパラフィンでできたシートを被って安静にするだけで施術は完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *