美容室でのカラーリングの魅力

ホームカラーが進化しマニキュアタイプやトリートメント系など簡単に染められる商品が出回っています。

手軽でリーズナブルな点も人気があり、テレビ通販やインターネットなどで色々選べるようになりました。美容室でも中心のメニューはパーマより圧倒的カラーリングです。こんなに沢山の商品があっても美容室のカラーリングの勢いは衰えません。決定的な違いをお客様自身が感じとっている事です。一つは毛髪や地肌のダメージです。

市販のカラー剤にはクリームタイプ、泡タイプ、シャンプータイプなど色々ありますが、染めるパワーは最強です。硬毛、太毛、細毛など毛髪の種類に関係なく全てを染められなければ商品価値が下がるからです。根元の健康なバージン毛と毛先のダメージがある既染毛をパワーがあるカラー剤で一気に染める事になります。テクニックを使って根元と毛先を時間差でずらせばよりダメージは軽減されますが、セルフカラーでは大変な労力です。美容室のカラー剤には3種類のパワーがあり毛質、ダメージ度、地肌に合わせて各ポジションごとにチョイスします。

ダメージは地肌を含めて仕上がりにも影響します。もう一つはカラーの種類です。市販のカラー剤はマット系、アッシュ系、人気のピンク系など10~15種類です。美容室のカラーには30種類以上あり、幾通りもの組み合わせで色調は無限です。更にそこへメッシュなどのハイライトも加え3Dのカラーリングです。やむおえずセルフカラーも便利ですが一度はサロンのカラーリングテクニックも味わって見ましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *