エステティックサロンに勤めるには確認が必要

現在のエステティックは、美容としての「ソワンエステティック」と、医療としての「メディカル」に分けることができます。

美容を主眼にしたサロンは、もとからあったようにフェイシャル、ボディ、レッグのケアやメイクアップ、ネイルケアなどのトータルケア、痩身、脱毛に加えて、リラクゼーション、ストレスケア、カウンセリングなどが含まれています。一方、医療的に行うものは、ケミカルピーリングやしわ伸ばしなどの施術、医療レーザー脱毛や腸内洗浄などがあげられます。

最近では、美容にみられるハンドケアによる施術に加えて、東洋式の経絡やツボを刺激する方法やインドのアユールヴェーダ、ハワイの伝統的なマッサージ、ロミロミなど登場してきています。トータルビューティを目指すエステサロンで行う技術には、超音波やヒートマットなどの器具を使ったり、化粧品を使ったりと、さまざまな方法がありますが、特に決まり事があるものではありません。

なるべく機械を使用せずに、ハンドマッサージを主体にする流儀もあるので、サロンによって方法は異なります。エステティックに勤めようと希望する人は、サロンによって方法が違うので確認が必要になります。しかし、どのようなサロンに勤めるにせよ、人を美しくすることに喜びを感じる気持ちは変わりません。また、皮膚の知識や衛生学などを学んでいなくはなりませんし、日進月歩する器具や化粧品、薬品の扱い方を熟知していなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *