レーザー脱毛と機器について

###Site Name###

脱毛の方法の一つに、レーザーを使うものがあります。

レーザー脱毛は、レーザーの光が特定の色に吸収されるという特性を生かしたものであり、毛の色である黒や茶色の色に吸収されるレーザーを毛などに照射することによって、毛を破壊していくことができます。


一度破壊された毛は、再生されることがないため、確実に毛をなくしていくことができます。レーザーを使った脱毛は、さまざまなタイプの医療機器が開発されています。



ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ロングパルスヤグレーザーなどがあり、毛や肌の色に合ったものを選択して治療をしていくことが重要になっています。



ダイオードレーザーは、800nmの波長になっています。日本人の場合は、低刺激で治療をすることができ、安全な治療を行いやすいです。

この波長のレーザー機器は、レーザーを一度に照射できる範囲が広いため、治療時間を抑えることが可能な機器です。

アレキサンドライトレーザーは、冷却ガスを皮膚にかけながらレーザーを照射できる治療方法になっています。



レーザーによって生じうる炎症などを抑えながら治療をすることができるため、人気のある治療機器の一つになっています。

ロングパルスヤグレーザーは、1064nmの非常に長い波長が特徴的であり、肌の深部までレーザーの光を届けることができます。

そのため、濃いひげなどに向いている治療機器になっていて、男性もしっかりと脱毛できます。