脱毛後は肌がいつもより敏感に

###Site Name###

脱毛を行うと、見た目には変わらなくてもいつもより敏感になっています。中にはヒリヒリとした痛みを感じたり痒くなったり、赤みが出てなかなか引かないケースもあります。



その状態で普段通りに過ごしてしまうと、色素沈着の原因になったり炎症を起こす恐れがありますので、刺激を与えないように気をつけながら過ごすことが大切です。



脱毛でも、特に短いスパンで何度も処理を行う一時しのぎの方法は注意が必要です。



肌の回復が早ければ次の処理を行う前に元の状態に戻っていますが、回復し切らないうちに次の処理を行うとダメージが蓄積されています。

それを繰り返しているうちにどんどん抱えるダメージが大きくなって肌トラブルを引き起こすことになりますので、できるだけ処理スパンは空けるようにすることが大切です。
脱毛後、いつも回復に時間がかかるという人は肌のターンオーバーが順調に行われていません。


つまり、古い細胞がいつまでも留まっている状態ですので、トラブルを含む細胞もなかなか排出されません。
この問題を解消するには、肌細胞を元気にするために保湿ケアを行う必要があります。

脱毛後は開いた毛穴から水分が蒸発して乾燥が引き起こされ、その結果バリア機能が弱まって細胞の働きにも影響が出ている状態ですので、保湿ケアは必須です。保湿を丁寧に続けていくといつの間にかしっとりとした肌になっていき、バリア機能も回復します。そうなれば、刺激に負けないようになります。